ニュースリリース

【第5回センター談話会】原型炉設計の現状と核融合エネルギー研究開発戦略(平成29年11月2日)

Past Events

エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター
第5回センター談話会の開催

題目:原型炉設計の現状と核融合エネルギー研究開発戦略

講演者:日渡良爾先生
(量子科学技術研究開発機構 主幹研究員、
京都大学エネルギー理工学研究所 客員教授)

日時:平成29年11月2日(木)13:30~15:00

場所:京都大学宇治キャンパス エネルギー理工学研究所セミナー室1
(本館 W-503E)

概要:現在進行している核融合原型炉の設計活動とその内容について報告する。原型炉は現在の物理と工学技術に基づいて、十分現実的な核融合による発電と系統への接続を今世紀中葉に実証し、試験する目的で設計が進められている。国の計画ではR&Dも並行して進め、2020年、2025年にはそのチェックアンドレビューがある。本セミナーでは、この設計の概要、考え方を解説し、最近の我が国と世界の核融合エネルギー研究開発の現状も俯瞰する。

問合せ先:エネルギー理工学研究所 小西哲之(TEL:0774-38-3430)

第5回センター談話会(印刷用)

ニュースリリース

月別のニュースリリース

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究