教育・社会貢献

産官学連携

エネルギー理工学研究所では、産官学連携活動の一環として産官学交流会の開催、連携シンポジウムの実施といった交流活動のほか、企業への技術指導・技術移転や先端機器共用プログラムといった具体的な連携活動を推進しています。

先端研究施設共用プログラム

sankangaku_001.jpg

「先端研究施設共用プログラム」は、本研究所が有する先端的な研究施設・機器の共用を進め、イノベーションにつながる成果を創出するために、平成19年度に開始したプログラムで、"ADMIRE"計画と呼ばれています。

支援事業名 エネルギー機器材料の創製と保全研究のための産業利用支援
機関名 国立大学法人 京都大学
代表者名 木村 晃彦
研究施設名 エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター複合ビーム材料
照射装置(DuET)及びマルチスケール材料評価基盤設備(MUSTER)