研究成果

研究成果

エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

分子ナノ工学 Molecular Nanotechnology

金属表面で分子を曲げて骨格を変える新・有機合成法を開発 -原子間力顕微鏡を用いて炭素骨格変換の可視化に成功-
エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

生物機能化学 Biofunctional Chemistry

酵素を1分子ずつナノメートルの精度で狙い通りに並べる -多段階の反応が効率的に進行する分子コンビナート-
エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

分子ナノ工学 Molecular Nanotechnology

生物を模倣した新触媒反応を用い機能性炭素細線の開発に成功 ―生物の原理を利用した物作り―
エネルギー機能変換研究部門 Advanced Energy Conversion Research Division

レーザー科学 Advanced Laser Science

ナノバブルのおしくらまんじゅうを初めて観測-新規材料創製への応用に期待-
エネルギー複合機構研究センター Laboratory for Complex Energy Processes

センター附属研究分野 Complex Energy Processes

膜タンパク質の理論的耐熱化法を開発-熱安定化をもたらすアミノ酸置換を短時間で予測-
エネルギー生成研究部門 Advanced Energy Generation Research Division

原子エネルギー Advanced Atomic Energy

模擬溶融デブリ中のホウ素の化学状態分布の解析に成功-福島第一原子力発電所の廃炉推進への貢献に期待-

研究成果

月別の研究成果

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究