京都大学 エネルギー理工学研究所 エネルギー機能変換部門

檜木グループ

研究内容実験装置業績一覧アクセス関連リンク

研究内容

檜木グループ研究テーマ

主にエネルギー変換に関わる金属・セラミクス材料の開発・評価及び基礎研究

核融合炉や高温ガス炉など、将来のエネルギーシステムを実現するためには、超高温、高エネルギー粒子・量子場などの過酷環境下で使用できる材料を開発することが必要です。これら材料は、システムの安全性・経済性・環境親和性を左右し、過酷環境下で安心して使える、信頼性の高い材料を開発することが、最近のエネルギー工学の最も重要な課題となっています。

主な研究テーマ

1. 先進セラミックス系複合材料の研究開発

2. 核融合炉用低放射化鉄鋼材料の研究開発

3. 高エネルギー粒子と材料の相互作用の研究

DuET&MUSTER施設

DuET&MUSTERを用いたマルチスケール評価

現行プロジェクト

・文部科学省 先端研究施設共用イノベーション創出事業【産業戦略利用】 「エネルギー機器材料の創製と保全研究のための産業利用支援」 (通称ADMIRE計画)

プロジェクト代表:香山 晃 教授 期間:H19〜H24年度

・文部科学省 原子力システム研究開発事業 若手対象型研究開発 「ガス冷却高速炉用高燃焼度燃料の開発」

代表者:檜木 達也 准教授 期間:H17〜H19年度

・日米科学技術協力事業 核融合分野 「TITAN(Tritium, Irradiation and Thermofluid for America and Nippon)計画」

Task2(複合照射効果) 2-3(動的変形挙動) 副責任者:檜木 達也 准教授 期間:H19〜H24年度

Copyright (C) . All Rights Reserved.