head_img

Research Interests

カーボンナノチューブや原子層半導体などの極限的に細い/薄い低次元ナノ物質における 励起状態ダイナミクスとエネルギー変換過程, ならびに新たなナノ構造作製法の開拓に 関する研究を行っています。 これらの物質を通じて低次元物質における特異な光物性物理を解明するとともに、 物理、化学、工学の広い学術領域にわたる学際的視点から物質科学のフロンティアを切り拓いていくことで、 全く新しい量子オプトエレクトロニクスデバイス、新たなバイオイメージング手法、 高効率光電変換素子などの実現に繋げることを目指しています。

更新情報 → What's new

Selected Papers

  • N. Akizuki, S. Aota, S. Mouri, K. Matsuda, and Y. Miyauchi, “Efficient near-infrared up-conversion photoluminescence in carbon nanotubes”, Nat. Commun. 6, 8920-1-8920-6 (2015).

  • Y. Miyauchi, Z. Zhang, M. Takekoshi, Y. Tomio, H. Suzuura, V. Perebeinos, V. V. Deshpande, C. Lu, S. Berciaud, P. Kim, J. Hone, and T. F. Heinz, “Tunable electronic correlation effects in nanotube-light interactions”, Phys. Rev. B 92, 205407 (2015).

  • F. Wang, D. Kozawa, Y. Miyauchi, K. Hiraoka, S. Mouri, Y. Ohno, and K. Matsuda, “Considerably improved photovoltaic performance of carbon nanotube-based solar cells using metal oxide layers”, Nat. Commun. 6, 6305-1-6305-7 (2015).

  • Y. Miyauchi, M. Iwamura, S. Mouri, Kawazoe, T., Ohtsu, M. and K. Matsuda, “Brightening of Excitons in Carbon Nanotubes on Dimensionality Modification”, Nat. Photonics 7, 715-719 (2013).

  • S. Mouri, Y. Miyauchi, and K. Matsuda, “Tunable Photoluminescence of Monolayer MoS2 via Chemical Doping,” Nano Lett. 13, 5944-5948 (2013)

  • Y. Miyauchi, Ajiki, H., and S. Maruyama,“Electron-Hole Asymmetry in Single-Walled Carbon Nanotubes Probed by Direct Observation of Transverse Quasidark Excitons”, Phys. Rev. B 81, 121415 (R)-1-121415 (R)-4 (2010)

  • Y. Miyauchi, H. Hirori, K. Matsuda, and Y. Kanemitsu, “Radiative Lifetimes and Coherence Length of One-Dimensional Excitons in Single-Walled Carbon Nanotubes”, Phys. Rev. B 80, 081410(R)-1-081410(R)-4 (2009).

  • Y. Miyauchi, R. Saito, K. Sato, Y. Ohno, S. Iwasaki, T. Mizutani, J. Jiang, and S. Maruyama, “Dependence of Exciton Transition Energy of Single-Walled Carbon Nanotubes on Surrounding Dielectric Materials”, Chem. Phys. Lett. 442, 394-399 (2007)

  • Y. Miyauchi, M. Oba and S. Maruyama, “Cross-Polarized Optical Absorption of Single-Walled Nanotubes Probed by Polarized Photoluminescence Excitation Spectroscopy”, Phys. Rev. B 74, 205440-1-205440-6 (2006).

  • Y. Miyauchi and S. Maruyama, “Identification of an Excitonic Phonon Sideband by Photoluminescence Spectroscopy of Single-Walled Carbon-13 Nanotubes”, Phys. Rev. B 74, 035415-1-035415-7 (2006)

  • Y. Miyauchi, S. Chiashi, Y. Murakami, Hayashida Y., and S. Maruyama, “Fluorescence Spectroscopy of Single-Walled Carbon Nanotubes Synthesized from Alcohol”, Chem. Phys. Lett. 387, 198-203 (2004)

  • S. Maruyama, R. Kojima, Y. Miyauchi, S. Chiashi, and M. Kohno, “Low-TemperatureSynthesis of High-Purity Single-Walled Carbon Nanotubes from Alcohol”, Chem. Phys. Lett., 360, 229-234 (2002)



  • What's new

    2017.3.2 松田研修士学生の奥平さんが第51回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 若手奨励賞を受賞しました。受賞対象講演:奥平早紀, 湯田坂雅子, 飯泉陽子, 岡崎俊也, 松田一成, 宮内雄平, "カーボンナノチューブのマウス組織中アップコンバージョン発光イメージング", 2P-37, 第51回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シ ンポジウム, 2016年9月8日.


    2016.4.25 「OplusE」誌(アドコム・メディア)5月号【一枚の写真】欄に、紹介記事 (書誌情報:"カーボンナノチューブの新しい光機能「アップコンバージョン発光」の発見", 宮内雄平, 『OplusE』, アドコム・メディア, vol. 38, No. 5 (通巻438号), pp. 409-410, (2016))を寄稿しました。


    2016.4.20 宮内が、文部科学省「平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞」を受賞しました。京都大学HP-News-京大について


    2016.4.18 月刊「化学」誌(化学同人)5月号に、解説記事 (書誌情報:"カーボンナノチューブの新たな光機能", 宮内雄平, 『化学』, 化学同人, vol. 71, No. 5, pp. 19-23, (2016))を寄稿しました。 PDF別刷(掲載許可済)


    2016.4.7 「機能材料」誌(シーエムシー出版)4月号に、解説記事 (書誌情報:"単層カーボンナノチューブのアップコンバージョン発光", 宮内雄平, 『機能材料』, シーエムシー出版, vol. 36, No. 4 (通巻416号), pp. 49-57, (2016))を寄稿しました。


    2016.3.29 ホームページのデザインをリニューアルしました。


    2016.3.24 松田研M1長谷川くんのFNTG学会第14回若手奨励 賞の受賞が決定しました。受賞対象講演:長谷川 勇介,王 飛久,青田駿,毛利 真一郎,松田 一成,宮内 雄平, "単層遷移金属ダイカルコゲナイドの偏光分解発光マッピング ", 3P-42, 第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シ ンポジウム, 2016年2月22日.


    2016.2.22 第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合 シ ンポジウムにおいて、「カーボンナノチューブにおける励起子の物理と工学」に関する招待講演を行いました。


    2016.1.13 東京理科大学ナノカーボン 研 究部門ワークショップ 2015において、「カーボンナノチューブの光物性工学」に関する依頼講演を行いました。


    2015.1.12 カーボンナノチューブのアップコンバージョン発光 に関する論文が、 Nature Japan おすすめのコンテンツとして紹介されました。


    2015.12.19 The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015)において、 「Emergent optical phenomena in carbon nanotubes」に関する招待講演を行いました。


    2015.11.17 カーボンナノチューブのアップコンバージョン発光の発見に関して、 京都大学より プレスリリースを行いました。また、京都新聞(11月19日 25面)および日刊工業新聞(11月23日 13面)に関連記事が 掲載されました。


    ページトップに戻る