共同研究プログラム

共同研究

ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究

「ゼロエミッションエネルギー」とは、エネルギー問題と地球環境問題を抜本的に解決する、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスや有害物質を極力排出しないエネルギーである とともに、エネルギーの変換、利用過程において損失や環境負荷を最小限に抑えた、高い環境調和性を持った先進エネルギーシステムの総称です。

エネルギー理工学研究所は、文部科学省認定共同利用・共同研究拠点「ゼロエミッションエネルギー研究拠点」として、エネルギー・環境・資源問題に対する国際社会の要請、ならびにエネルギー研究に関連する多彩な研究者コミュニティからの要望に応え、「ゼロエミッションエネルギー」の視点で、全国の研究者と共同利用・共同研究を実施するとともに、それらを担う研究者を教育・養成に努めます。

エネルギー理工学研究所は、共同利用・共同研究拠点としてゼロミッションエネルギー研究を展開しています

研究コミュニティの要請に応え、共同利用・共同研究を通じてゼロミッションエネルギーを開拓します

  • 大型特殊装置や最先端研究設備の共同利用
  • 分野横断的・学術的な共同研究とそれによる国際交流・人材育成
  • ゼロエミッションエネルギー拠点活動の重要性の周知と他分野研究者の参入促進

双方向型共同研究

ヘリオトロンJ装置は、京大グループから提案された「ヘリカル軸ヘリオトロン 配位」の最適化を目指すプラズマ実験装置です。本装置の物理設計では、従来 のヘリカル・ヘリオトロン配位では容易に両立できなかった良好な粒子閉じ込 めとMHD安定性を高次に両立させるため、バンピー磁場制御とともに、準等磁場 概念を取り込み、更に閉じ込め領域全体に磁気井戸を確保しています。平成12 年度のプラズマ実験開始以来、加熱機器ならびに計測機器の整備を進め、低衝 突領域の高温プラズマ生成(中心電子温度~1 keV程度)、良好なエネルギー閉 じ込め(ISS95則の1.5-2倍)の実証など、高温プラズマ閉じ込め装置としての ポテンシャルの高さを実証しつつあります。 第2期中期計画期間の新たな視点 として、

    • 先進ヘリカル配位の学術研究、特に立体磁気軸ヘリカル系の異 常輸送の解明、
    • プラズマ性能の向上、特に閉じ込め改善と高ベータ化、
    • 核融合炉への展開、特に数値試験炉への寄与および国際共同研究への貢献と、ヘリオトロンJ装置の実験データ基盤の整備・拡充

を挙げています。

今後 の新たな研究展開に向け、温かいご指導・ご鞭撻を衷心よりお願い申し上げる次第です。