研究組織

研究組織

エネルギー生成研究部門

人類の生存基盤確保にとって最大の課題であるゼロエミッションエネルギーシステムの確立のために、社会的受容性の高い将来の基幹エネルギーシステムの基盤的研究と、多様な機能を持つエネルギー源の供給と応用技術に寄与する先進的な研究を推進しています。

エネルギー機能変換研究部門

エネルギーの高効率機能変換と新機能創出を目的として、各種エネルギーと物質との相互作用機構の解明と利用、エネルギー機能変換過程の高効率化・高性能化、エネルギー機能材料の創製と応用等の研究を推進しています。

エネルギー利用過程研究部門

ソフトエネルギーを利用する、そしてロス無く高効率なエネルギー・分子変換を達成する自然・生物に学ぶ革新的ものつくりの学理「創発材料」を実現することを目的とします。シリコン太陽電池の超大量生産を目指した電解技術、分子建築技術を用いる高効率クリーンエネルギー物質材料の開発、生体高分子による高効率物質変換とエネルギー利用、バイオマスやタンパク質の構造機能研究等の、ナノ・バイオ機能材料およびプロセスの研究を推進しています。

附属エネルギー複合機構研究センター

研究所の横断的研究の中核的施設として、先進プラズマ・量子エネルギー研究推進部、光・エネルギーナノサイエンス研究推進部および国際流動・開発共同研究推進部において、先進エネルギー領域の共同研究を推進する研究基盤を提供しています。

部門の関わり合い

エネルギー理工学研究所は、「エネルギー生成研究部門」、「エネルギー機能変換研究部門」ならびに「エネルギー利用過程研究部門」の3部門からなり、エネルギーシステムにおける三つの切り口として、それぞれ、エネルギーの「生成」、「変換」および「利用」を取り上げています。各部門においては、本節以降に紹介するように、各々の視点から多種多様な特色ある研究を展開しています。また、人類の存続に不可欠な新しいエネルギーの開発や次世代のエネルギーシステムの実現に向けて、私たちが提案している「ゼロエミッションエネルギー」システムを構築するためには、これらの部門の垣根を越えた横断的・融合的な連携研究も不可欠となっています。

そこで研究所では、改組以来、附属エネルギー複合機構研究センターを中心として、所内共同研究制度を設け、部門横断的な課題研究を推進してきました。現在、これまでの重点複合領域研究を通じて、部門間・分野間の一層の強まりと新たな展開を見せ、「先進プラズマ・量子エネルギー研究」ならびに「ソフトエネルギー研究」をミッションとする2つの複合領域研究へと集約されています。この様な重層的な研究の展開は、研究所の特長や総合力を向上させる大きな推進力となっており、他のエネルギー関連部局と際立った違いを持った研究所として位置付けられます。

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究