表面誘起相変化によるナノポア中の局所PH制御

Research Topics / 研究トピックス

2017年4月付、A. Koyama, K. Fukami, Y. Imaoka, A. Kitada, T. Sakka, T. Abe, K. Murase, M. Kinoshita の研究 「Dynamic Manipulation of Local pH within Nanopore Triggered by Surface-Induced Phase Transition」 が論文誌 Physical Chemistry Chemical Physics に掲載されました。
DOI: 10.1039/C7CP01157A
附属エネルギー複合機構研究センター センター附属研究分野

09スライド2.jpg

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る