エネルギー理工学研究所(エネ研)で学ぶには

エネルギー理工学研究所では、「次世代先進エネルギー」を目的とする物理、化学、生物学、工学などにまたがる幅広い学問分野における研究を展開し、独創性を持ち国際的に活躍できる人材の育成・輩出を目指した教育を行っています。

エネ研で学ぶには、協力講座として連携している大学院エネルギー科学研究科に入学する方法と研究生として在籍する方法があります。

エネ研には、学生を受け入る12の研究室があり、物理・化学・生物・工学にわたる多岐の専門分野を網羅する教員が揃っています。

●大学院エネルギー科学研究科に進学希望の方へ

エネ研は、大学院エネルギー科学研究科の協力講座として連携し、大学院生(修士課程、博士後期課程)を受け入れて研究指導を行っています。

エネ研で修士、博士後期課程に進学を希望される方は、希望する協力講座をご確認の上、エネルギー科学研究科を受験してください。

エネルギー科学研究科のホームページでは、入試情報のほか、入試説明会などの開催情報をご案内しています。 詳しくはそちらをご参照ください。

協力講座一覧
エネルギー基礎科学専攻エネルギー変換科学専攻エネルギー応用科学専攻
核融合エネルギー制御分野 高度エネルギー変換分野 機能エネルギー変換分野
高温プラズマ物性分野 高品位エネルギー変換分野 エネルギー材料物理分野
界面エネルギープロセス分野 エネルギー機能変換材料分野 光量子エネルギー学分野
エネルギーナノ工学分野
エネルギー生物機能化学分野
生体エネルギー科学分野

●研究生として在籍を希望される方へ

エネ研では大学院生とは別に、「研究生」としてエネ研の研究室に在籍し、研究活動を行うことができます。 研究生を志望される方は、指導を希望する教員と連絡を取り、受け入れの内諾を得てください。その後、所定の手続きを経て研究生となります。なお、研究生に学位等は与えられません。詳細は、エネ研事務へお問い合わせください。

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る