所長挨拶

所長 森井 孝 エネルギー理工学研究所は、エネルギーの在り方を自然の摂理や原理まで立ち返って探究し、次世代を担う新しいエネルギーの学理と、それを先導・実現する先端技術の創出を目指して1996年に設立されました。現在は、自然科学域・エネルギー理工学系に所属する教員らが、エネルギーの基本要素である生成・変換・利用をそれぞれ冠した3部門に属する14研究分野と、重点複合領域研究を支援する附属エネルギー複合機構研究センターの2研究分野で先端研究に取り組んでいます。その中でも「プラズマ・量子エネルギー」と「ソフトエネルギー」の二つを重点複合領域研究として、前者は太陽エネルギーを地上で生成する核融合の実現、後者は太陽エネルギーによって地球環境の中で生命圏を築いてきた生物のエネルギーの利用原理と物質科学の原理に基づいた高効率なエネルギー利用・変換を目指した特色ある研究を展開しています。さらに研究の国際化と研究成果の社会への還元を積極的に進めるとともに、大学院エネルギー科学研究科の協力講座として最前線の研究環境で学生を教育し、若手研究者を育成するとともに、全学共通教育にも貢献しています。
 2016年度からは、第二期の活動となった文部科学大臣認定の共同利用・共同研究拠点事業「ゼロエミッションエネルギー研究拠点」を通じて、ゼロエミッションエネルギー関連の研究者コミュニティへの貢献を進めてきました。また、本学附置研究所・センター群の連携を促進する「京都大学研究連携基盤」、先端研究設備を有効活用する「宇治地区設備サポート拠点」などにも参画し、学内他部局との連携事業を積極的に推進しています。エネルギー科学研究科とは、2019年度から文部科学省プロジェクト「国際先端エネルギー科学研究教育センター国際共同ラボの形成」を通じて教育研究活動の場を国際的に広げています。
 我が国でも、2050年を期限とする脱炭素「温暖化ガス排出量を実質ゼロにする」の目標が設定され、カーボンニュートラルが世界的に社会の目標として掲げられています。温暖化ガス排出量を実質ゼロにするためには、エネルギーの生成、変換、利用過程において既存の技術を効果的に導入するだけでなく、多角的な視点から新しい学理、新しい技術の創出が必要です。カーボンニュートラル実現に向けて、そして感染症や自然災害などにも対応できる多様な新しいエネルギー技術の選択肢を提供するためにも、エネルギー理工学研究所が掲げてきた、ゼロエミッションエネルギーを指向する多岐にわたる研究が、ますます重要な役割を果たすようになってきました。
 改組後の研究所発足から四半世紀を経て、京都大学の自由の学風のもとに、エネルギー理工学研究所独自の文化が芽生えようとしています。既存の学術分野の概念にとらわれることなく、新しいエネルギー理工学の学理を発出する研究所として、大垣英明副所長、片平正人附属エネルギー複合機構研究センター長をはじめ教職員全員で、研究活動とともに教育と国際・社会貢献に努めて参ります。皆様の一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。


 所長 森井 孝

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る