ライブラリー化した蛍光分子を効率よく受容体に導入し、多様な蛍光性受容体の中から蛍光センサーを獲得

Research Topics / 研究トピックス

2017年11月16日付、S. Nakano, T. Tamura, R.K. Das, E. Nakata, Y.-T. Chang, T. Morii らの研究 「A diversity-oriented library of fluorophore-modified receptors constructed from a chemical library of synthetic fluorophores」 が論文誌 ChemBioChem に掲載されました。
DOI: 10.1002/cbic.201700403
エネルギー利用過程研究部門 生物機能化学研究分野

12A_diversity-oriented_library_of_fluorophore-modified_receptors.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る