標的分子に結合するRNAの二次構造をもとにして消光分子を用いることなく蛍光センサーを作製

Research

2017年12月8日付、Y. Park, D. Nim-anussornkul, T. Vilaivan, T. Morii, B.H. Kim らの研究 「Facile conversion of ATP-binding RNA aptamer to quencher-free molecular aptamer beacon」 が論文誌 Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters に掲載されました。
DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.12.008
エネルギー利用過程研究部門 生物機能化学研究分野

12Facile conversion of ATP-binding RNA aptamer.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る