LHD重水素実験における高イオン温度プラズマの実現とITBプラズマ閉じ込め特性

Research

2017年7月付け、H. Takahashi, K. Nagaoka, K. Mukai, M. Yokoyama, S. Murakami, S. Ohdachi, T. Bando, Y. Narushima, H. Nakano, M. Osakabe, K. Ida, M. Yoshinuma, R. Seki, H. Yamaguchi, K. Tanaka, M. Nakata, F. Warmer, T. Oishi, M. Goto, S. Morita, T.I. Tsujimura, S. Kubo, T. Kobayashi, I. Yamada, C. Suzuki, M. Emoto, T. Ido, A. Shimizu, T. Tokuzawa, K. Nagasaki, T. Morisaki, Y. Takeiri and the LHD Experiment Group, の研究 「Realization of high T i plasmas and confinement characteristics of ITB plasmas in the LHD deuterium experiments」 が論文誌 Nuclear Fusion に掲載されました。
DOI:.10.1088/1741-4326/aad87e
エネルギー生成研究部門 粒子エネルギー研究分野

03.Realization of high T i plasmas.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る