鉄イオン照射タングステンにおける重水素滞留に及ぼす表面/バルクHe滞留効果

Research

2018年8月、Y. Oya, S. Sakurada, K. Azuma, Q. Zhou, A. Togari, S. Kondo, T. Hinoki, N. Yoshid, D. Buchenauer, R. Kolasinski, M. Shimada, C.N. Taylor, T. Chikada, Y. Hatanoの研究 「Surface or bulk He existence effect on deuterium retention in Fe ion damaged W」 が論文誌 Nuclear Materials and Energy に掲載されました。
DOI: 10.1016/j.nme.2018.06.018
エネルギー機能変換研究部門 複合機能変換過程研究分野

05.Surface or bulk He existence effect_1.png

05.Surface or bulk He existence effect_2.jpg

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る