【技術講習会】電子プローブマイクロアナライザ装着型軟X線発光分光器による化学状態分析(平成30年12月7日)

Past Events

■日時:平成30年12月7日(金)13:00~13:45(講義)、14:00~14:45(実習)
■場所:京都大学宇治キャンパス エネルギー理工学研究所セミナー室1(W-503E)、北2号棟
■講師:笠田竜太 東北大学金属材料研究所 教授(京都大学エネルギー理工学研究所 客員教授)
■講習内容:北1号棟に設置中の電界放出型電子プローブマイクロアナライザ(FE-EPMA)には、
東北大学の寺内教授らが開発した軟X線発光分光器(SXES)が装着されている。
通常のエネルギー分散型分光器(EDS)はもちろんWDS(波長分散型分光器)よりも遥かに優れた
エネルギー分解能(0.2eV)を有していることと、エネルギー範囲をCCDによって同時計測するために、
化学状態を踏まえた元素マッピングが可能となっている。本技術講習会では、このEPMA-SXESを
用いたホウ素やベリリウムの化学状態分析の例を紹介する。

■対象:当該装置を利用した共同利用・共同研究に興味のある研究者、学生
受講を希望される場合は、平成30年12月6日までに、
以下の【申込書】にご記入のうえ、kyodo-office*iae.kyoto-u.ac.jpまでご返信ください。
(アドレスの*を@に変えてください)

***********申込書*************
所属機関名:

職名・学年・年齢:

性別:

氏名:

メールアドレス:
******************************

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る