2次元半導体のバレー状態をゲート電圧で制御

Research Topics / 研究トピックス

2019年4月27日付け、K. Shinokita, X. Wang, Y. Miyauchi, K. Watanabe, T. Taniguchi, and K. Matsudaらの研究「Continuous Control and Enhancement of Excitonic Valley Polarization in Monolayer WSe2 by Electrostatic Doping」が論文誌Adv. Func. Mater.に掲載されました。
DOI: 10.1002/adfm.201900260
エネルギー機能変換研究部門 ナノ光科学研究分野

20190427_iaeHP_shinokita.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る