二次元グラフェンナノリボンネットワークのボトムアップ表面合成 とその熱電特性

Research Topics / 研究トピックス

2019年11月、T. Kojima, T. Nakae, Z. Xu, C. Saravanan, K. Watanabe, Y. Nakamura, H. Sakaguchi らの研究 「Bottom‐Up On‐Surface Synthesis of Two‐Dimensional Graphene Nanoribbon Networks and Their Thermoelectric Properties」 が論文誌 Chemistry - An Asian Journal に掲載されました。
DOI: 10.1002/asia.201901328
エネルギー利用過程研究部門 分子ナノ工学研究分野

10.Bottom-Up On-Surface Synthesis.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る