細菌ロドプシンRxRはいかにしてプロトンポンプ機能を保持しつつ例外的に高い熱安定性を実現したのか?

Research Topics / 研究トピックス

2020年1月19日付け、T. Hayashi, S. Yasuda, K. Suzuki, T. Akiyama, K. Kanehara, K. Kojima, M. Tanabe, R. Kato, T. Senda, Y. Sudo, T. Murata, M. Kinoshitaの研究「How Does a Microbial Rhodopsin RxR Realize Its Exceptionally High Thermostability with the Proton-Pumping Function Being Retained?」が論文誌 Journal of Physical Chemistry Bに掲載されました。
DOI: 10.1021/acs.jpcb.9b10700
附属エネルギー複合機構研究センター 自己組織化科学研究分野

13.How Does a Microbial Rhodopsin.jpg

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る