溶媒の種類が蛋白質立体構造に及ぼす効果

Research

2018年7月26日付け、T. Hayashi, M. Inoue, S. Yasuda, E. Petretto, T. ŠkrbiĆ, A. Giacometti, M. Kinoshitaの研究 「Universal Effects of Solvent Species on the Stabilized Structure of a Protein」 が論文誌 Journal of Chemical Physics に掲載されました。
DOI: 10.1063/1.5042111
附属エネルギー複合機構研究センター 自己組織化科学研究分野

14.Universal Effects.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る