選択的アンタゴニスト結合型ヒトムスカリンM2受容体の構造的解明

Research

2018年11月12日付け、R. Suno, S. Lee, S. Maeda, S. Yasuda, K. Yamashita, K. Hirata, S. Horita, M.S. Tawaramoto, H. Tsujimoto, T. Murata, M. Kinoshita, N. Vaidehi, M. Yamamoto, B.K. Kobilka, S. Iwata, T. Kobayashiの研究 「Structural Insights into the Subtype Selective Antagonist Binding to the M2 Muscarinic Receptor」 が論文誌 Nature Chemical Biology に掲載されました。
DOI: 10.1038/s41589-018-0152-y
附属エネルギー複合機構研究センター 自己組織化科学研究分野

14.Structural Insights into the Subtype.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る