最近発見されたペプチドMIPはいかにして 癌抑制蛋白質p53よりも強く癌蛋白質MDM2と結合できるのか?

Research Topics / 研究トピックス

2019年7月8日付け、T. Yamada, T. Hayashi, S. Hikiri, N. Kobayashi, H. Yanagawa, M. Ikeguchi, M. Katahira, T. Nagata, M. Kinoshitaの研究「How does the Recently Discovered Peptide MIP Exhibit Much Higher Binding Affinity than an Anticancer Protein p53 for an Oncoprotein MDM2?」が論文誌 Journal of Chemical Information and Modelingに掲載されました。
DOI: 10.1021/acs.jcim.9b00226
附属エネルギー複合機構研究センター 自己組織化科学研究分野

13.How_does_the_Recently_Discovered.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る