引っ張りに強いカーボンナノチューブの構造を特定 -軽量で高強度な究極の構造材料の実現に一歩近づく-

Research Topics / 研究トピックス

2019年7月10日付け、A. Takakura, K. Beppu, T. Nishihara, A. Fukui, T. Kozeki, T. Namazu, Y. Miyauchi, and Kenichiro Itamiらの研究「Strength of carbon nanotubes depends on their chemical structures」が論文誌Nature Communicationsに掲載されました。
DOI: 10.1038/s41467-019-10959-7
本研究成果はJSTにてプレスリリースされました。詳細については以下のURLをご覧ください。
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190710/index.html

京大HPのリンク
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/191710_1.html

エネルギー機能変換研究部門 ナノ光科学研究分野

Tensile_TOC_Final.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る