遷移金属ダイカルコゲナイドReS2において異方的な荷電励起子を観測

研究トピックス/Research Topics

2019年10月14日付け、X. Wang, K. Shinokita, Y. Miyauchi, N. -T. Cuong, S. Okada, K. Matsudaらの研究「Experimental Evidence of Anisotropic and Stable Charged Excitons (Trions) in Atomically Thin 2D ReS2」が論文誌Adv. Func. Mater.に掲載されました。
DOI: 10.1002/adfm.201905961
エネルギー機能変換研究部門 ナノ光科学研究分野

08Experimental_Evidence_of_Anisotropic.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る