機械学習解析による2次元半導体の励起子バレー分極マッピングの予測に成功

研究トピックス/Research Topics

2019年10月14日付け、K. Tanaka, K.Hachiya, W. Zhang, K. Matsuda, Y. Miyauchiらの研究「Machine-Learning Analysis to Predict the Exciton Valley Polarization Landscape of 2D Semiconductors」が論文誌ACS Nanoに掲載されました。
DOI: 10.1021/acsnano.9b04220
エネルギー機能変換研究部門 ナノ光科学研究分野

08Machine-Learning_Analysis_to_Predict.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る