リガーゼによる2次元DNAオリガミの構造安定化と構造変化

Research Topics / 研究トピックス

2021年7月21日付け、A. Rajendran, K. Krishnamurthy, A. Giridasappa, E. Nakata and T. Morii らの研究「Stabilization and structural changes of 2D DNA origami by enzymatic ligation」が論文誌Nucleic Acids Researchに掲載されました。
DOI: 10.1093/nar/gkab611
エネルギー利用過程研究部門 生物機能化学研究分野
附属エネルギー複合機構研究センター 自己組織化科学研究分野

13stabilization and structural changes.png

  • 京都大学研究連携基盤
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 京都大学宇治キャンパス
  • 刊行物
  • 所内限定ページ
  • 京都大学
ページトップへ戻る